日々を綴る

      2005.6.水無月より

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

最後の生活発表会


ぼんの幼稚園最後の生活発表会。
年少年中さんの時に比べて、練習のプレッシャーから、大崩れすることも少なく、
お友達と楽しんで発表会の日を迎えていた。
この三年間の彼の成長に、心から感激した一日だった。
いつもの如く、また涙がポロポロ溢れて来て、園から帰ってきたぼんに、「また泣いてたな。」と笑われてしまった。
いや〜、泣かずになんていられないよ。
全力のぼんの母は、紛れもなく全力な母、私なのだから。
小さくて大きなひと | - | - | 

節分


園バスが一緒のお友達に節分の小さな贈り物を用意した。
季節の行事を楽しみたい。
子供を授かったら、それが、子供と一緒にしたい事の夢のひとつだった。


 
続きを読む >>
くらし | - | - | 

ぼん


ぼんの自画像。
とても良く似ていて、待ち受けにしたい位
当の本人は、それ程気に入っていないようで、母が猛烈大絶賛しても、しらけた様子。
ぼんは、相変わらず外では、ラストサムライ。
家の中では、亭主関白な息子だけれど。
まぁ。それもぼんの個性の一部だと受け止めている。

ラストサムライは、自分に厳しい。
少しの違いも許せない日があって、自分で自分を苦しめている。
見ているこちらからすれば、ど〜ってことない事なのだけれど、ぼんにとっては、そこは譲れない一線なのだ。
少し前は、そんなぼんの面倒さに、どうにかお気楽な子供へ変わらないかな?と試行錯誤していた。
こうしたら?と自分が思うアイデアを言ってみたり、
それは違う!と、ぼんの気持ちを否定までしていた事もあった。
でも、ラストサムライは、そんな事で折れやしない。
だからこそ、最後の侍魂なのだ。

変えようとしていたのは、わたし。
変えて欲しかったのも、わたし。
ぼんは、お気楽を望んでいた訳ではなかったし、
自分を変える気も更々なかった。

変えたかったのは、わたしの都合だね。
こちらが育てやすい子供像を押し付けていた。
思い通りになる子供を望んでいた。

そんな私の浅はかな欲なんて、
ぼんの魂に敵いやしないのは、当たり前。
そのままのぼんで。
ぼんの選んだ思いを、ただ自分自身で、感じればいいんだね。
見守る事って、簡単な様で、案外難しい。
色んな事を気づかせてくれるぼん。
小さくて大きな人だった彼も、もう直ぐ小学生だね。
何だか寂しい様な、ホッとする様な、不思議な気持ちで胸が一杯になった。


 
小さくて大きなひと | - | - | 

お正月とケーキ月間


お正月は、まさかの積雪から始まった。
忙しいパパは、雪と共に帰ってきて、
雪が解けたら、また仕事に戻って行った。
身体にだけは、気をつけて欲しい。
そう願うばかり。
続きを読む >>
くらし | - | - | 

ぼん、6歳になる


今年も三が日から開いている、ご近所のケーキ屋さんで、キャラクターを描いて貰えるケーキをお願いした。
毎年、どんなキャラクターだったかが、その時の想い出になっている。
今年は、妖怪ウォッチの山吹鬼。
すっかり妖怪ウォッチ博士となったぼん。
それぞれの種族を説明されても、母はさっぱり分からない。
 
続きを読む >>
小さくて大きなひと | - | - | 

クリスマスの後には


ぼんの所にも無事にサンタさんがやって来てくれた。
一ヶ月も前から、サンタさんにお手紙を書いて、
星が綺麗な澄み渡るような夜空に向かって、
大きな声で「サンタさ〜ん、さーくんの所にちゃんと来てな〜。」と叫んでいた。
お手紙だけじゃ届かないかもと心配になったんだって。

24日の夜は、とにかくソワソワして「ママ、どうしよ〜。寝られへん。」
と、落ち着かなかったぼんだけれど「サンタさんは、みんなが寝てからやって来るから、
さーくんが寝てないと、おうちに来れないんじゃないかな?」と言ったら、
必死になって、顔をくしゃくしゃにしながら、目を閉じていた。
可愛いね〜。目を細める私。
従兄妹たちとのクリスマス会で疲れたのか、心配をよそに呆気なく眠りに着いた。

 
続きを読む >>
おでかけ | - | - | 

クリスマスの贈り物


主人方の大ばあばが、ぼんに毎年贈ってくれる美味しい林檎。
とても立派で、暫く眺めていたくなる程。
クリスマスの贈り物は、サンタさんからだけじゃないんだね。
ぼんを大切に思ってくれる色んな人たちから、その思いが届けられる。
幸せな事だなあと改めてする感謝した。
くらし | - | - | 

クリスマスのUSJ


流石にもう丸一日は遊べなくなってしまった。
ぼんが生まれる前なんて、年越しでUSJのカウントダウンに行ったりしていたけれど、
あの元気は、どこかへ行ってしまった。
何せ海風か冷たいのなんのって。
それでも、体力温存の為、遅めに出発すると言う策で、光り輝くツリーを眺めに訪れた。
 
続きを読む >>
おでかけ | - | - | 

ひとつひとつが


ひとつひとつの仕草が可愛くて、
友達の赤ちゃんを抱っこしながら、「可愛いね、可愛いね。」とそればかり。
その光景は、どこからどうみても親戚のおばちゃんにしか見えなかっただろう。
自分の子供の成長って、まだかな?まだかな?と焦る事が多かったけれど、
こうして友達の子供達を眺めていると、
もっとそのたどたどしさ、のんびりな成長を味わってあげられたら、良かったなあと思ったりする。
でも、そんな余裕は、その時には、ないものだね。
育児って、理想と現実のギャップを日々、まざまざと思い知らされる連続だと思う。

こんな事を言っているけれど、ぼんだって、そうだよね。
さーくんのママって、こう言うママだもんね。
そう、お互いこんなものだと諦めていくのが大事。
諦めるって、言葉の聞こえは悪いけれど、受け入れるって事だね。
家族って、そんなものだね。
おもうこと | - | - | 

夢中


最近のぼんは、すっかりゲーマーだ。
幼稚園の星組(放課後の時間外保育)で、こればかり作って帰ってくる。
夢のまた夢!?
お兄ちゃんになったら♪
幼児雑誌に載っている3DSの広告を穴が空くほど眺めながら、必死に手作りのDSを作っている。
どこで覚えたのか、効果音までちゃ〜んと言いながら、空想の中でゲーマーとなっている。
面白いから、隠れて動画を撮ろうとしたら、
直ぐにばれて、睨みつけられた。
 
小さくて大きなひと | - | - | 
  1/78P  >>
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>