日々を綴る

      2005.6.水無月より

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< 夢中  クリスマスのUSJ >>

ひとつひとつが


ひとつひとつの仕草が可愛くて、
友達の赤ちゃんを抱っこしながら、「可愛いね、可愛いね。」とそればかり。
その光景は、どこからどうみても親戚のおばちゃんにしか見えなかっただろう。
自分の子供の成長って、まだかな?まだかな?と焦る事が多かったけれど、
こうして友達の子供達を眺めていると、
もっとそのたどたどしさ、のんびりな成長を味わってあげられたら、良かったなあと思ったりする。
でも、そんな余裕は、その時には、ないものだね。
育児って、理想と現実のギャップを日々、まざまざと思い知らされる連続だと思う。

こんな事を言っているけれど、ぼんだって、そうだよね。
さーくんのママって、こう言うママだもんね。
そう、お互いこんなものだと諦めていくのが大事。
諦めるって、言葉の聞こえは悪いけれど、受け入れるって事だね。
家族って、そんなものだね。
おもうこと | - | - | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>