日々を綴る

      2005.6.水無月より

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 
<< クリスマスの後には  お正月とケーキ月間 >>

ぼん、6歳になる


今年も三が日から開いている、ご近所のケーキ屋さんで、キャラクターを描いて貰えるケーキをお願いした。
毎年、どんなキャラクターだったかが、その時の想い出になっている。
今年は、妖怪ウォッチの山吹鬼。
すっかり妖怪ウォッチ博士となったぼん。
それぞれの種族を説明されても、母はさっぱり分からない。
 
ぼんにとってのこの一年は、とても大きな変化の年だった。
幼稚園の担任の先生が初めて変わると言う経験を春にして、
どうなる事かと毎日心配していたけれど、驚く程、新しい担任の先生に心を開いて、あっと言う間に順応していた。
ぼんの成長でも勿論あるだろうし、年少年中と彼を見守り、彼の心の畑を耕して下さった担任の先生のお陰だとも思っている。
そして、新しい担任の先生の深い愛情もとても大きな存在。
その全てが重なり合って、この一年の彼の成長に繋がったのだと思う。
感謝の気持ちしかないな。本当に。
ぼんに関わって下さった色んな方々に、ありがとうと心から伝えたい。

今年もこの言葉を残しておこうかな。
けれど、今年でこの言葉は、最後かも知れない。
なぜなら、彼がぐんと成長しているのが、そばで見ている私にもとても良く伝ってくるから。
もしかしたら、来年のお誕生日には、私とぼんの親子の関係も変わって行っているのかも知れないな。

この6年間が、あっと言う間だったかと言えば、嘘になる。
かと言って、長かったかと言えば、それも違う。
色んな事を経験して、色んな思いを巡らせた濃厚で濃密な時間だった事は、確かなこと。
ぼんに泣いて、ぼんに笑った6年間。
ぼん、お誕生日おめでとう。
ぼんの全てにありがとう。

 
小さくて大きなひと | - | - | 

スポンサーサイト

- | - | - | 
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>